マッサージの力は?

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは、朝晩ジェルを塗ってマッサージするだけで、お肌のターンオーバーを促してシミをより早く垢として体外に排出するというシミケア化粧品です。

 

そのシミ対策にとって重要なポイントとなるのがマッサージなのですが、どんな力加減でマッサージするのが良いと思われますか?基準となるものがなく、迷われる方も多いのではないでしょうか?ゴシゴシこすればより早くシミが消えるのではないか、と思われる方も多いと思いますが、とても危険な間違いです。

 

過度な強さでマッサージしてしまいますと、逆にシミの原因になりかねません。

 

顔には表情筋という薄い筋肉でできており、強すぎるマッサージをしてしまった場合、摩擦によってお肌や筋肉に対してダメージを与えさらに炎症を起こして、シミの元であるメラニン色素を過剰に作りだしてしまう…という悪循環を生み出します。

 

ですので摩擦を起こさないような力加減でマッサージする必要があります。

 

ところが、摩擦を起こさないような力加減というのが難しいですし分かりにくいですよね。

 

力加減というのは人それぞれですから…例えば、乾燥しているお肌と潤っているお肌を比べてみれば、乾燥しているお肌の方が摩擦が起きやすいです。

 

このように、お肌の具合1つをとってみても摩擦の起きやすさが違うため、この力加減なら大丈夫という基準がありません。

 

ですが、確実に言えるのはSIMIUSジェルを塗ってマッサージした時に、顔のお肌が引っ張られるような感覚があるなら、力加減は強すぎます。

 

SIMIUSジェルはかなり弾力のあるジェルなので、商品同梱されているお手入れガイドに掲載されている通りのジェルの量を守って使っていれば、マッサージの時にお肌が引っ張られるような感覚は起きません。

 

しかし、ジェルの量が少ないと摩擦の原因になってしまいます。

 

乾燥肌でお肌が弱い方にマッサージの力加減をお伝えするならば、お肌に優しく触れる程度で十分です。

 

マッサージだからといって構えず力まず、優しく触れる程度でいいのです。

 

エステサロンで本格的なマッサージを受けた経験のある方には想像がつきにくいかもしれません。

 

ですが、お肌の上を指が滑る程度の力加減でもマッサージ効果はしっかり表れますので安心してください。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ